-お知らせ-

アニメ・漫画の感想をメインコンテンツに、日々のいろいろなことを書いてます。
アニメBlog、コミックBlogではありません。

又アニメはいくつか視聴してますが、長所短所含めて京アニが制作される作品が特に好きだったりするので、感想は京アニ作品が中心になると思います。

プロフィール

ぶいやん

Author:ぶいやん
埼玉に生息。おそらく鍵っ子第二世代。
受験が終わりました。更新再開します!

my bestな漫画:魔法陣グルグル・ミントな僕ら・ツバサ・ふたつのスピカ

my favoriteなアーティスト:
岡崎律子・Cymbals(土岐麻子)・YMCK・スカパラ

interested inなゲーム:ヘクター'87(FC)・ロマサガ3(SFC)・メルブラAC(AC)・KOF '00/XI(AC)・シンフォニック=レイン(PC)・CROSS†CHANNEL(PC)・Remember11(PS2)

趣味はピアノや読書とか。
あと、ルービックキューブやメガネのコレクションなんかも好き。

コメント・トラバ大歓迎。リンクフリーです。確認は毎日しておりますのでお気軽にどうぞ~♪

まだまだ発展途上なblogですが、温かく見守ってやってください。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ワタシ式ドロップス
日々起こったことや、マンガ・アニメなどの感想をつらつらと書いていこうと思います。 只今京アニとCLAMPを激しく応援中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中ロミオ 「人類は衰退しました」 感想
先日の続きです。
さて、「人類は衰退しました」を読み終わったのですが、実にステキでした。
なので今回は少し真面目に書評を書いてみますね。
うわ~、読書感想文なんて何年ぶりだろう(笑


人類は衰退しました




人類は衰退しました
田中 ロミオ (2007/05/24)
小学館



こんなお話。

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。
すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。
平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。
わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。
祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが…。
(「人類は衰退しました」より)

タイトルのとおり、人類を引退し旧人類となってしまった「人間」と、それに代わって新人類となった「妖精さん」の交流を描いたドキュメンタリー的な作品です。

はい、説明終わりです。…え、テキトー過ぎ?
しかしね、ホントにそれだけの、起承転結もままならぬ内容なんです。

にも関わらず、私がこの作品を太鼓判を押してオススメするのにはワケがあります。
何故この作品にはこんなにも読者を惹きつける魅力があるのか。
その源を私なりに考えてみましたので、未読の方もこれを参考にして、この本を手に取っていただけたら幸いです。


まず第一に目を引くのは、文章の洗練された美しさ。
といっても、太宰治などの文豪のようなお堅いものではなく、割と誰でも親しみやすい、それでいて、一癖も二癖もあるんだけれど心に残る文章、といったところでしょうか。
や、うまく形容できんのですが…(汗

作者は田中ロミオさんという偉大な方。本業はエロゲPCゲームのシナリオライターで、作家としては今回が初めてのお仕事なのだそうです。
氏の手掛けたゲームの中でも今も評価の高い「CROSS†CHANNEL」を最近プレイしたのが、私がこの方を知ったそもそものきっかけでした。ストーリーもさることながら、この方の文章は他を抜いて圧巻です。まさにプロ。
なんでもファンの間ではロミオ節と称され、その美しさに魅せられた固定ファンも多いんだそうです。そして自分も虜にw

さて、そのロミオ節、PCゲームとは作風は違えど、至る所に見受けられます。
ロミオ氏の作品としてはとても平坦で童話的なストーリーなんですけど、おかげで遊び心のある文章がいいスパイスになるんですね。
思わずクスリと笑ってしまうこと間違いなしです。

例えて言えば、名前すらない本作の主人公の女の子ですが、この子がまたとても魅力的なキャラクターとして表現されています。
パニック時に「経験豊富で物怖じしない敏腕アダルト美女を目指すところのわたしは…」なんて主語を用いてみたり。
(これは明らかにC†Cの「酸いも甘いも噛み分けるヤングアダルト候補生」に係ってるんでしょうがw)

妖精さんとの会話も激プリチーです。

「みなさん、ご注目」
視線を集めて
「わたしは、これから妖精さんたちと仲良くしたいと思っています。なのでみなさんに名前を進呈させてください」
「ばかな」「そんなことが?」「かちぐみやんけ」「いっそたべて」
「じゃあ食べます」
『――――っ!?』


こういった冗談をさらりと織り交ぜながら、「わたし」の一人称でおもしろおかしく語られていくストーリーはなかなかに必見ですよ。


そしてもう一つが、設定のおもしろさ。
人類は限りなく滅亡に近づき、もはや地球はお茶目な妖精さんのものになっているという近未来的な発想ですが、一見あり得なそうに思えて、実はとても身近な内容なのかもしれません。
というのも、この本では文明の興亡というものが一つのテーマとして据えられており、それを「わたし」という人間の立場から見つめることにより、そのことがよく分かると思います。
何かもう、ラノベの域を超越して難しい経済の話にまで発展しそうですがw


…というわけで、普通のライトノベルとはひと味違った、まさに新境地を堪能できる作品だと思います。自分としても久しぶりに読んだ本でしたが、すっかりお気に入りになってしまいました♪
どうぞ、書店で目にしたら手に取って試しに読んでみてください。
すぐに病みつきになりますよ?


さて、ここからはネタバレ含みつつ個人的な感想を。





あとがきにもあったとおり、どこかに未回収の伏線があるのは確か。
自分が気になったことを挙げてみます。

それは人間から見た「妖精さん」の体感時間の長さ。

例えば短命な虫は、人間の一日がその虫にとっての数年にもあたります。
すると時間軸上は人間の方が長生きでも、もしかしたら生まれて死ぬまでの体感時間はどちらも同じなのかもしれません。
虫から見た人間の動きはとてつもなくスローモーションなんじゃないかと。

気が変わりやすい、忘れやすい、一瞬で文明を作り上げることが出来る。
こういう特性を持っている彼らですが、これはあくまで人間の視点でとらえたものあって、この側面を違う面からとらえてみると、妖精さんたちは人間が気付かないうちに何度も死んで、新しい命が生まれてということを繰り返しているんじゃないかと推測できると思うんです。

人間だって現在の文明を築くのには天文学的な数の年月を経ています。
それを一瞬で作り上げてしまう。
いくら数が集まったところで、妖精さんはそこまで頭が良さそうには見えませんでした。
おそらくいくつもの世代の経験を積んで、もしかしたら人間と同じくらい時間をかけて発展していったんじゃないだろうか。
そんな気がします。(いや、そうとも取れます程度ですが…)

本文中でも、何となくそれを臭わせる描写がありましたし。

「わたし」が呼んでいた「キャップさん」はあくまで帽子をかぶっていると言う点で認識されていただけ。
「キャップさん」と名前を呼ばれても分からなかった、いつもより肌の白くなった妖精さんは本当は「キャップさん」じゃないのかもしれません。
妖精さんの会話は得てしてかなりテキトーだったので、それを含め、「わたし」に勘違いをさせるような発言に繋がったと考えられなくもない。

また、それなら妖精さんたちとペーパークラフトの文明が異様に早く発展していったのも肯けます。



とまぁ、これは一つの可能性にすぎないわけですけどね。
ラストのオチがかなり前に読めてしまったので、ちょっと深読みしながら読んだ方が楽しいかなと思い、こんな考えに至ったワケであります。
しかしそんなことは抜きにしても、純粋に楽しい作品でした~♪
「続きを書くことも可能」なのだそうで、いつか続編をお目にかかれることを期待してます。

はぁ、長くなっちゃいました。
自分の文才のなさに嫌悪しつつ、今回はこれで失礼しますね。

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mysweetdrops.blog107.fc2.com/tb.php/32-e7b7deea
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。