FC2ブログ
-お知らせ-

アニメ・漫画の感想をメインコンテンツに、日々のいろいろなことを書いてます。
アニメBlog、コミックBlogではありません。

又アニメはいくつか視聴してますが、長所短所含めて京アニが制作される作品が特に好きだったりするので、感想は京アニ作品が中心になると思います。

プロフィール

ぶいやん

Author:ぶいやん
埼玉に生息。おそらく鍵っ子第二世代。
受験が終わりました。更新再開します!

my bestな漫画:魔法陣グルグル・ミントな僕ら・ツバサ・ふたつのスピカ

my favoriteなアーティスト:
岡崎律子・Cymbals(土岐麻子)・YMCK・スカパラ

interested inなゲーム:ヘクター'87(FC)・ロマサガ3(SFC)・メルブラAC(AC)・KOF '00/XI(AC)・シンフォニック=レイン(PC)・CROSS†CHANNEL(PC)・Remember11(PS2)

趣味はピアノや読書とか。
あと、ルービックキューブやメガネのコレクションなんかも好き。

コメント・トラバ大歓迎。リンクフリーです。確認は毎日しておりますのでお気軽にどうぞ~♪

まだまだ発展途上なblogですが、温かく見守ってやってください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

コメントありがとうございます!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ワタシ式ドロップス
日々起こったことや、マンガ・アニメなどの感想をつらつらと書いていこうと思います。 只今京アニとCLAMPを激しく応援中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバサ Chapitre.186 進まない時間

そろそろ五月病のぶいやんです。
めっちゃ今更&久しぶりの更新になっちゃいましたけど、ツバサ186話の感想というか考察、いってみます。
サブタイトルは、『進まない時間』。そのまんま~(笑)

前回、玖楼国はループ現象に巻き込まれていることが判明。
そう、前回の感想も書きたかったけど書けなかったので、今回はループ現象の考察をメインにしたいと思います。…ハイ、つまんない話です(汗)

●この国におけるループ現象の定義は?

①玖楼国、更にはその空間一体が1日ごとにリセットされている?
②国民の意識が強制的に巻き戻されているだけで、世界は進んでいる?

自分はこの二つで悩んでました。

①について。これは世界がループしているという仮説。
何も進まない。物質も人の意識も全て1日でリセット。さて、どうだろう?
男の子から手渡されたリンゴ。これは「昨日」と同じリンゴでしょうか?
…そう、多分同じリンゴです。
通りで開かれている市場、そしてその商品の数々。
例えば。もし、②のように世界が進み続けているとするなら、必然的に市場に出回る品には形状・品数など多かれ少なかれ差異が現れるハズ。そしてその些細な「違い」は、人々の行動に影響を及ぼし(いろんな因果が関係し合い、男の子がリンゴを持って転ばないという事象も多くの可能性の中に存在する)、つまり永久的なループ現象には陥らないハズですよね。これはどうも飛王の願いには結びつかないらしい。この矛盾から、①は正しいと思える。

②について。これは精神のループという仮説。
飛王の画策によって、国民は「同じ思考・言動」を毎日繰り返させられることになります。
その繰り返しは「強制的」であることによって、ループを実現させる、と。
しかし、上で述べたように世界、あらゆる物質の時間が進んでいるなら、それに影響され人々の行動はどんなに強制的でも完全には繰り返されない(昨日は歩けた橋の上も、今日その橋が落ちてしまったら歩けない、というような矛盾)。
何より、ループが繰り返され歳をとったら、同じ行動も出来ないですし。これは不完全なループということになります。

じゃあ①が正しいのか?
しかし。
①の世界・意識・物質のループを免れているモノがありました。
「黒鋼の腕の痕」。
そして、ループに気付いた「小狼・黒鋼・ファイ・モコナの意識」。

でも、②ではないことは明らかっぽいし。
つまり。①のように「玖楼国」は繰り返されている(=『進まない時間』)けど、小狼達は例外
こういうことかな、と思いますね。
だから、186話で人々が消え、不思議の国の美幸ちゃんがいなくなったのも(笑)、①によって均衡を保っていた世界が小狼達の物質的干渉で限界を迎え崩れ始めたからかな、多分。

…でわ、この辺でループの話は置いといて。

●飛王が「過去の」玖楼国から時間を進めない理由は?

各キャラのセリフを追ってみると。

ファイ「時間が進むほうが悲しい事もあるのかもしれない」
ファイ「たとえば…進んだ先に何か起こったのかも
男の子「もうすぐの誕生日で7歳だよ!」
小狼「さくら、あの時に…やっぱり…」

そして、飛王の「死んだ人を生き返らせる」という願い。
こうくると、なんとなく出る結論はこの3つじゃん。自分でもビックリ!

『サクラは7歳の誕生日を迎える前に亡くなった
『飛王はサクラの存在が無くなることで、何か失うモノがある』
『よってサクラが死ぬ前の時点で時間を止め、時空を超える力を手に入れることで、サクラを救おうとしている』
=飛王の願い?

なんか、飛王の意図がやっと分かった気がする。うん、するだけですけど(笑)
じゃあ今まで旅してきたサクラはコピーのコピーだったの!?
過去に遡ってループさせる力があるのに、何故救うことは出来ない!?
いろいろ疑念は尽きませんけどね。

おそらく最終章突入だろうから、あまりにも変化球な伏線はもう無いと思います。
さぁ、どうなる次回!

スポンサーサイト

テーマ:☆CLAMP全般☆ - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/05 01:48】 | # [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mysweetdrops.blog107.fc2.com/tb.php/113-492a3e98
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/11/25 01:14】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。